TOP  > 製品概要  > 02
 

テスト環境の課題


「てぷらぱ」は、従来のテスト自動実行支援ツールが備えていなかったテスト自動実行の準備や結果検証のための機能を提供し、テスト自動化のハードルになっていたテストスクリプト開発の負担を軽減します。

コーディングレスのテストスクリプト開発、シナリオ/テストケース/アクション/データを切り分けた効率的なテストスクリプト開発手法、テストケースとエビデンスの優れたトレーサビリティ、効率的な検証方法など、先進のテスト自動化プラットフォームを提供します。


テスト自動化を推進するための一連の機能群

スクリプト編集機能により、テストの自動実行内容をスプレッドシートベースで記述できるため、スクリプト編集のための高度なスキルは不要です。また、画面操作記録機能を利用することで、容易に新規の実行スクリプトを作成できます。

アプリケーション自動操作機能では、複数のテストケースを連続で自動実行するための機能が提供されます。そこで得られたテスト結果については、結果検証機能によって既存のテスト結果との比較を自動化することにより、手作業による検証の手間を削減できます。


NRIのノウハウが盛り込まれたテスト効率化のための仕組み

ツールとして、「シナリオ」、「テストケース」、「アクション」、「データ」の概念を導入。これにより、作成されたテストケースからツールへの落とし込みが容易にできます。また、テストスクリプトは仕組みとして部品化され、アプリケーション変更時のテストスクリプトの修正箇所を極小化することができます。

テストの自動実行内容を記述したテストスクリプトはスプレッドシートベースで記述されるため、可読性が高くなり、メンテナンスが容易になります。

また、エビデンス名称、保存場所が、てぷらぱ の仕組みによって決まるなど、標準化の範囲を極小化できるようにツールが設計されています。

前のページへ 次のページへ