TOP  > 製品概要  > 03
 

テスト生産性の向上


コーディングレスのテストスクリプト開発は、工数の削減だけでなくスクリプトの属人化を抑制でき、保守性や再利用性が向上します。

スクリプト開発の負担軽減

※クリックすると拡大図が表示されます。

シナリオ/テストケース/アクション/データの4つの概念を採用したことで、自然にスクリプトの部品化が促進され、開発量削減、仕様変更時の修正範囲の局所化、再利用性の向上を可能にします。

部品化の促進

※クリックすると拡大図が表示されます。

テストケースとエビデンスのトレーサビリティの確保や過去のエビデンスとの自動比較機能を提供することで、テストや監査の検証効率が向上します。

エビデンス取得・検証効率の向上

※クリックすると拡大図が表示されます。

前のページへ 次のページへ